活動報告書

対象年度: 2023

提出日: 2024年01月13日

国名 スリランカ民主社会主義共和国
学校名 アニンカンダ・タミル中学校
Aningkanda Tamil Junior School
カウンターパートナー キズナ・インターナショナル
報告担当者 ウレシャ・ウィックラマ・グナラトナ
生徒数 452
学校概要 この学校は南部州のマータラ地区のデニヤ―ヤにあります。この学校は1年生から11年生までのクラスを提供しております。この学校の学生総数は 452 名でおり、その中では男子学生 237 名および女子学生 215 名が勉強しております。そしてこの学校の生徒は主に、経済的制約に直面している家族を持つ子供たちで構成されており、こうした家族は、教育関連費用などの基本的なニーズを満たすのに苦労していることがよくあります。これらの課題にもかかわらず、この学校は、若い学習者が貧困の連鎖を断ち切るために必要なツールを身につけることができるよう、質の高い教育を提供することに尽力しております。

支援前の状況


学校の老朽化して使用できない机や椅子の問題は、生徒と全体的な学習環境の両方にいくつかの悪影響を及ぼす可能性がある重大な問題です。使用できない机や椅子は、学生の不快感や身体的健康上の問題を引き起こす可能性があります。不適切なデザインの家具や壊れた家具は不適切な姿勢を引き起こし、背中や首の痛み、疲労、全体的な不快感を引き起こす可能性があります。構造的に健全でない机や椅子を使用すると、学生が怪我をする危険性があります。これは生徒の健康を脅かし、学校敷地内での事故につながる可能性があります。インフラが老朽化した学校は、地域での学校の評判に影響を与える可能性があり、生徒が不快に感じたり、適切な家具が不足したりすると、教師は効果的な授業を行うことが困難になる可能性があります。これにより、教師が教室を管理し、最適な方法で授業を実施する能力が妨げられる可能性があります。

支援後の状況


使用できなくなったり、老朽化したデスクチェアを修理すると、経済面と環境面の両方でいくつかのメリットが得られます。多くの場合、椅子を修理する方が、新しい椅子を購入するよりも費用対効果が高くなります。特に損傷が軽微で、簡単な修理や部品交換で修復できる場合には、費用を節約できます。家具を修理して再利用すると、新しい資源の需要が減り、家具の製造や廃棄に伴う環境への影響を最小限に抑えることができます。既存製品の寿命を延ばすことでサステナビリティに貢献します。椅子を修理することは、埋め立て地に送られる家具廃棄物の量を減らすのに役立ちます。修理と再利用の文化を促進することで、消費に対するより持続可能なアプローチに貢献することができ、デスクチェアの修理は貴重な学習体験となります。問題解決と機知に富む能力を奨励し、家具の構造とデザインについての洞察を提供します。

学校からの反響


子ども達からのメッセージ

あなたがしてくれた並外れた仕事に深く感謝の意を表したいと思います。細部へのこだわりと卓越性への取り組みは、修理プロセス全体を通じて明らかでした。それは単に椅子を直すことではなく、私たちのワークスペースに価値と快適さを加えるものを修復することです。あなたの専門知識により、当社のオフィス環境は大幅に改善され、その結果にこれ以上満足することはできません。技術的な熟練度を超えて、あなたのプロフェッショナリズムとフレンドリーな態度により、この経験全体が楽しいものになりました。あなたが自分の仕事に大きな誇りを持っていることは明らかであり、それは最終的な結果にも確実に現れています。素晴らしいサービスに改めて感謝いたします。当社のデスクチェアの再生にご尽力いただき、心より感謝申し上げます。あなたの仕事は私たちの日常の仕事にプラスの影響を与えており、他の人にあなたのサービスを勧めることに躊躇しません。

先生からのメッセージ

使えなくなって老朽化したデスクチェアを修理していただいた素晴らしい仕事に心からの感謝の意を表したいと思います。修理された椅子は新品のように見えるだけでなく、私たちが切望していた快適さとサポートも提供します。不快な座席に邪魔されることなく、勉強に集中できるようになりました。私たちにとって有益な学習空間を確保するための皆様の取り組みは、常に注目されており、私たちは皆様の勤勉さに心から感謝するとともに、皆様の卓越した職人技と、私たちの学習環境をより良い場所にするためにこれまで以上に尽力してくださったことに感謝しています。あなたの貢献は椅子を修理しただけでなく、学生としての私たちの経験全体にプラスの影響を与えました。あなたの仕事が今後も成功することを願っています。そして、あなたの努力が本当に評価されていることを知ってください。

その他写真