活動報告書

対象年度: 2022

提出日: 2024年04月29日

国名 ベトナム社会主義共和国
学校名 アダウ校
ADAU SCHOOL
カウンターパートナー 認定NPO法人シーエスアールスクエア
報告担当者 宍戸仙助
生徒数 30
学校概要 ダナン市からタイ・ヤン郡の入口である道路の南側のジャン地区の奥地に設置された幼稚園と小学校であり、この地区全体の中学生も通ったり、寮生活をしている場所である。奥地への道から10mほど、下がった場所にある幼稚園は、教員1名が13名の園児と、小学校は、教員4が、24名の児童と校長Mr.Nguyen Trung Tamの指導により、園児および小学校児童の教育に当たっている。細い道路を25分ほど走るジャン村の中央にあり、村人のほとんどは、近隣の山で自給自足の生活のための狭い畑を耕している。若い父親の数人は、バイクで、隣の郡まで働きに行っている家庭もある。

支援前の状況


飲料水は、数km離れた山奥からパイプで送り、その水を飲料水として利用している。この地域では唯一大きなランチルームもある学校であり、そこでも同じ水源の水を利用している。付近には人家が10数件点在しており、それぞれが、小さな川などの水を利用している。雨季には、学校に届く山奥から送られてくる水が、土などが混じることもあるということであった。それぞれの幼稚園や学校では、山奥の自然林の中からパイプで水を引き、その水を飲料水などに利用している。しかし、衛生的で安全な飲料水が確保できている学校は、半分以下でベトナム戦争時に撒かれた枯葉剤の影響によるダイオキシンなどで、汚れた川の水を利用したり、雨水を利用したりしている。しかし、行政は、それらを改善するだけの予算を確保できないでいる。

支援後の状況


2022年11月の現地行政との契約のあと、様々な理由で設置が送れており、2023年4月のドネーションツアーの直前に完成した浄化システムであった。当初、幼稚園・小学校の子どもたち40名ほどが受益者の予定であったが、この学校は、中学校が併設されているため、ドネーションツアーの際には、ランチルームの脇の物置に取り付けられた浄化システムを確認することができた。中学校には、350人ほどの生徒がいるため、それらの生徒達も、この浄化された水を飲むことができるようになっている。2023年8月の訪問では、このきれいな水の評判が広がり、20リットル程度の容器に、水を汲んで家へ持参する村人が増えてきていると校長は話していた。校長や、主任教諭の先生、子どもたちの感謝のメッセージにありますように、村人全員が感謝しておりました。

学校からの反響


子ども達からのメッセージ

使用開始以来、この水源システムは、学校の教師、職員、約 300 人の生徒と周辺地域の人々の毎日の飲料水の需要を満たしています。ダン村はタイヤン地区の中でも険しい地形に位置しており、浄水器を設置する前は、川から学生寮や学校に直接水を運ぶのに多くの困難に直面していました。先生や生徒が毎日きれいな水を飲めるよう浄水器への配慮とサポートを行っていただいたことで、子供たちにきれいな水を供給し、健康を守ることができるこの浄水器に誰もがとても満足しています。今後、私たちは生徒たちにきれいな水を確保するために機械の保存と保護に努め、特に教育訓練局の人々、教師、その他の職員、生徒のすべての人々に対し、浄水器エリアを清潔に保つよう要請し、水源からの水が不足しないようにしていきます。子どもたちがきれいな水を利用できなくなる可能性を防ぎたいと思います。ありがとうございました。

先生からのメッセージ

先生や生徒が毎日きれいな水を飲めるよう浄水器への配慮とサポートをいただいたことで、子供たちにきれいな水を供給し、健康を守ることができるこの浄水器に、誰もがとても満足しています。今回設置していただいた水ろ過システムは私たちの衛生と病気から安全性を確保してくれています。それだけでなく、ここの家庭は毎週少なくとも 10 世帯がきれいな水を汲みに学校に来ており、子供たちやここの家庭をサポートしてくれる恩人たちに幸せと感謝の気持ちを抱いています。 全校を代表して阿曽将成先生に心より感謝申し上げます。私たちは、今後も皆様の関心、支援、ご協力を引き続きいただけることを信じ、願っています。 皆様の健康と幸福、そしてあらゆる活動分野でのますますのご成功をお祈り申し上げます。 誠にありがとうございました。

その他写真