活動報告書

対象年度: 2023

提出日: 2024年02月08日

国名 インドネシア共和国
学校名 ステラ ドゥース・ジョグジャカルタ第1中学校
STELLA DUCE 1st Junior Hight School Yogyakarta
カウンターパートナー サクラネシア財団
報告担当者 伊集院さくら 江田直美
生徒数 478
学校概要 SMP STELLA DUCE 1 Yoeyakarta は、ジャワ文化の中心地である Yogvakarta の中心部に位置する学校です。1947年創立されたため、伝統と歴史を引き継いでおりジョグジャカルタの文化を保存するということを学校の1つの目標に掲げています。私立学校で多くは周辺地域の子どもたちが通っています。資金のほとんどを学費としてコミュニティーからの資金の援助と、政府からの補助で運営しています。

支援前の状況


改修前も改修後も男子トイレを利用しました。改修前は和式トイレを使用していましたが、汚れていて臭かったです。あまり快適ではありませんでした。ステラデゥース・ジョグジャカルタ第1中学校ではバティックの勉強に焦点を当てた科目があります。その学習では、ルアン・バティックという部屋を使っています。改装前、メインのろうけつ染めの部屋は、暗くて湿気がありました。奥の方は壁にひび割れが多く、あちこちから水が漏れていました。

支援後の状況


改修後は洋式トイレに変わり、清潔で無臭になりました。私たちはこの変化にとても満足しています。改装のおかげで、バティックルームはかなり改善されました。より心地の良い雰囲気になりました。奥のエリアの水漏れはなくなり、床もかなりきれいになりました。バティックルームの左側には、生徒の自転車を停められるようになっています。奥のエリアへの通路も快適になりました。スペースが広くなり、多くの自転車が駐輪できるようになりました。

学校からの反響


子ども達からのメッセージ

親愛なるMasaさん、Maaaruの支援者の皆様、日本寄付財団の皆様、私たちは今回トイレの修繕と教室の修繕に、ご支援をいただきました。場所や家がきれいかどうかは、トイレを見ればわかる。というこの格言は国や時代を超えたものかも知れません。トイレは利用者に「くつろいでもらう」ためだけではなく、利用者の心を反映できる場所として大切だということをMaaaruの支援によって私たちは感じています。新しいトイレができたことによって、生徒たちがリラックスできる場所を提供することができました。現在、生徒たちは綺麗になったトイレに立ち寄ることを楽しみにしています。トイレには綺麗な鏡を設置できたので、生徒たちは身だしなみを整えたり、鏡を見る回数が多くなった生徒がたくさんいます。Maaaruの皆様、本当にありがとうございました。

先生からのメッセージ

親愛なるMasaさん、Maaaruの支援者の皆様、日本寄付財団の皆様 ありがとうございました!ステラドゥース・ジョグジャカルタ第1中学校の生徒代表として、私たちをご支援頂いた皆さまに心から感謝したいと思います。男子用のバスルームを建設し、バティックのワークショップ室を改修しました。 私たちは皆さまの純粋な寛大さとすべての素晴らしい仕事に本当に感謝しています。私たちのために支援してくださいました。 改めて、心より感謝申し上げます。この学校をより快適で楽しいものにするためにお手伝して下さいました。生徒たちの場所。 皆さまは私たちの夢の一つを実現してくれました。確実に、私たちが想像していたよりも優れています。 敬具 ステラドゥース・ジョグジャカルタ第1中学校 キンバリー・シプリアナ・ガブリエラ

その他写真