活動報告書

対象年度: 2022

提出日: 2024年03月25日

国名 コンゴ民主共和国
学校名 カシェシェ小学校
KASHECHE SCHOOL
カウンターパートナー 認定NPO法人テラ・ルネッサンス
報告担当者 小川真吾
生徒数 620
学校概要 コンゴ民主共和国南キブ州にある小学校。政府からの補助は、ほぼ無いに等しく、学校運営費用は、村人の寄付、保護者から学費として徴収しているが一部機能不全。その費用の多くは教員の人件費や教材代、修繕、備品代などに使われるが、十分な費用は賄えてない状況。最貧困層の子どもたちが多く通う学校で、多くが継続して学費を捻出することが困難なため、ドロップアウトまたは、休学・復学を繰り返す子どもが多い。

支援前の状況


紛争の影響に加え、コロナ禍、ウクライナ危機の影響も相まって、脆弱層の生活は困窮し、子どもたちの教育の機会が奪われている。そして今、現在も紛争が続いており、南キブ州では、その影響でコロナ禍以前から、 約65万人が国内避難民としての生活を強いられ、2019年にはさらに20万人が避難を強いられ、 100ヶ村以上の村々で病院や学校が破壊されるなどの被害が発生。同州 の人口の3分の1にあたる190万人が1日1食も食べられるかどうかの状況に陥っており、政府か らの教育支援もほぼ無いに等しく、子どもたちが教育を受けることが困難な状況にある。なお、学校修繕や脆弱な人々の教育支援を政府や公的機関が行うだけの資金はなく、また、多くの援助機関も新規学校建設には資金を提供しているが、建設後の学校の修繕や持続的に学校を運営していくための支援は十分行われていない状況にある。また、学校運営費用は、村人の寄付、保護者から学費として徴収しているが、それだけでは教員の人件費や教材代、修繕、備品代などを十分に賄えてない状況にある。

支援後の状況


この学校は、村の中でも、本当に多数の子ども達が通う学校で、十分な教室がない状況にあり、保護者や村の人たちの寄付で新しい教室を建てかけていたが、もう3年以上も途中で工事が止まった状況にあった。資金が尽きてしまい、結局、十分な教室がない状態で子ども達は教育を受けざるを得ない状況にあったが、今回の支援で建てかけの教室を完成させることができた。加えて、校舎のペイントもされ、今は子ども達が新しい教室で勉強をすることができるようになっている。

学校からの反響


子ども達からのメッセージ

この村の子ども達は、生まれてから紛争がずっと続いています。平和とは何かを知らずに、子ども時代を過ごしてきました。そんな中、一人でも多くの子ども達に学校の楽しさを知ってもらいたいと思って、私たち教師は新しい教室を作りたいと願ってきました。途中までは村人の協力もあったのですが、結局お金がなくて、それも止まったままの状態でした。そんな時に、シンゴ(テラルネ職員)から、maaaruプロジェクトのことを聞きました。そして今、新しい教室も完成しました。maaaruプロジェクトを始めてくれたみなさん、そして、それを支える日本の支援者の皆様に心より感謝申し上げます。

先生からのメッセージ

私はたくさんの友達が学校にいます。学校に行くのが私は大好きです。友達と遊ぶことができるからです。そして、先生達もみんな優しいです。でも、悪いことをしたら、叱られることもあります。これからも、学校で勉強を続けていきたいです。新しい教室ができて、とても嬉しいです。最近、「ありがとう」という日本語を覚えました。この教室を作ってくれた日本の人たちに、ありがとうと伝えるために、シンゴ(テラルネ職員)に教えてもらいました。日本の人たちに、「ありがとう」と言いたいです。それから、これからも私たちのことをサポートしてください。

その他写真