活動報告書

対象年度: 2022

提出日: 2024年03月25日

国名 コンゴ民主共和国
学校名 ブエメレ小学校
BUEMERE SCHOOL
カウンターパートナー 認定NPO法人テラ・ルネッサンス
報告担当者 小川真吾
生徒数 260
学校概要 コンゴ民主共和国南キブ州にある小学校。政府からの補助は、ほぼ無いに等しく、学校運営費用は、村人の寄付、保護者から学費として徴収しているが一部機能不全。。その費用の多くは教員の人件費や教材代、修繕、備品代などに使われるが、十分な費用は賄えてない状況。元子ども兵、最貧困層の子どもたちが多く通う学校で、多くが継続して学費を捻出することが困難なため、ドロップアウトまたは、休学・復学を繰り返す子どもが多い。

支援前の状況


支援対象地域では、紛争の影響に加え、コロナ禍、ウクライナ危機の影響も相まって、脆弱層の生活は困窮し、子どもたちの教育の機会が奪われている。南キブ州では、現在も紛争が続いており、その影響でコロナ禍以前から、 約65万人が国内避難⺠としての生活を強いられ、2019年にはさらに20万人が避難を強いられ、 100ヶ村以上の村々で病院や学校が破壊されるなどの被害が発生。南キブ州 の人口の3分の1にあたる190万人が1日一⻝も⻝べられるかどうかの状況に陥っており、政府からの教育支援もほぼ無いに等しく、子どもたちが教育を受けることが困難な状況にある。なお、学校修繕や脆弱な人々の教育支援を政府や公的機関が行うだけの資金はなく、また、多くの援助機関も新規学校建設には資金を提供しているが、建設後の学校の修繕や持続的に学校を運営していくための支援は十分行われていない状況にある。同校では、校舎の壁、屋根の破損、老朽化により、雨漏り、風に晒されている。また、学校、保護者ともにこれら校舎の修復の目処がたっていない。加えて、教室の備品、教材が欠如している状況。

支援後の状況


今回の支援で、老朽化して雨漏りのひどい屋根を全て修復でき、また、教室の壁にも穴が空いたり木材が腐食している状況だった箇所を修復することができた。加えて、壊れていたドアを修復することで、安全に室内の備品を管理できるようになり、外壁もペイントをすることができた。これらの修理を行ったことで、今は生徒たちが以前に比べて、安全にそして快適に授業を受ける環境が整っています。また、教師も授業中に雨風を気にせずに授業に集中できることができるようになった。

学校からの反響


子ども達からのメッセージ

今まで、私たちの学校では、子どもたちに十分な教育を与える環境が整っていませんでした。それは、紛争が続く中、政府からの支援もなく、保護者の多くが貧困層であり、保護者からの支援もない状態で校舎は老朽化し、いつ屋根が落ちてもおかしくない状況でした。そんな中、高丸さんのご支援、子どもたちへの教育に集中できるようになりました。遠く離れた日本から、私たちのことを思い、このような支援を決めてくださったことに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

先生からのメッセージ

今までは、学校に行っても、雨が降ってくると授業ができなくなりました。その度に教室の掃除や片付けをしていました。とても、辛かったです。でも、今は、雨が降っても教室で友達と一緒に勉強することができます。とても嬉しいです。私は時々、家の手伝いをしないといけないので学校に行けない時もあります。でも、これからは、できるだけ毎日学校に行けるようにしたいと願っています。日本人の人にサポートしてもらって、本当に嬉しいです。今も家に帰って、ご飯を食べることができる日とできない日があります。それでも、学校に行き続けたいです。これからもサポートしてください。ありがとうございました。

その他写真